未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーターの仕事内容

アニメーターの仕事内容について解説していきます。

 

アニメーターはアニメに登場するキャラクターの動きを作ったり、背景を制作する人のことです。

 

別の言い方をすれば、アニメ制作というのは様々な工程がありますが数ある工程の中でアニメの根幹となる部分を制作する人ですね。

 

作画の仕事も原画と動画と呼ばれる二種があり、原画はアニメーションの動きの基点。そして動画は基点と基点の間を埋める絵です。

 

動画よりも原画の方が難しく、新人のうちは動画しかやらせてもらえません。

 

ある程度スキルアップして腕を認めてもらえれば原画を任されるようになります。

 

まあだからといって動画が簡単かっていうと、そんなこともなく・・・

 

原画の間を補完してきちんと動きを再現できる能力が求められます。

 

アニメ制作

まずはシナリオに沿って制作された絵コンテをもとに原画を描くことから始まります。
絵コンテというのは作画の設計図みたいなもので、これが全ての動きの原点になっています。

 

原画マンが描いた原画を動画マンが引き継いで作画をしていくわけですが、この時に何枚動画を書けばいいか指定されるので動画マンはそれに従います。

 

どのくらい動画をやれば原画を書かせてもらえるようになるの?
原画を任されるようになるまでの期間は人それぞれのようです。
才能がある人は1年とかで原画をやらせてもらえるようですが、少なくとも2年くらいはかかるのが普通みたいですね。私の聞いた範囲ですが。。

 

まああとは作画監督という仕事もあります。略して作監とよばれています。

 

こちらは描いたアニメーターによってバラツキのある絵柄を統一していく仕事になります。
海外だとキャラクターごとにアニメーターが割り当てられるのですが、日本ではカットごとなので、どうしても絵柄にバラツキがでてしまいますからね。

 

作画監督になるには、原画マンや動画マンをまとめられるリーダー的な素質や実力が必要になってきます。

 

次へ:アニメーターの一日のスケジュール

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターの一日のスケジュール
アニメーターの一日の仕事の流れを解説していきます。 アニメーション制作会社に勤務するアニメーターの場合は午前中から出社しますが、フリーランスの場合その限りではありません。
職種
アニメーターの職種について解説していきます。 アニメの作画は原画マンと動画マンと呼ばれる二つの役職のアニメーターが連携して制作していきます。
やりがいと苦労
アニメートというのは「命を吹き込む」という意味合いがあるのをご存じでしょうか。 自分が描いた絵が映像となって生きているかのようにモニター上で動き出す。 これは他の職業ではなかなか体験できない感動です。
アニメーション制作進行の仕事内容/制作工程の中継ぎ
アニメ制作における重要な職種である「アニメーション制作進行」の仕事内容を紹介しています。
制作進行には運転免許が必要
未経験からアニメーターになる方法をまだ経験の浅い私ですがアドバイスさせていただいています。この仕事のやりがい・苦労することなど業界の内情も私の知っている範囲でお伝えできれば幸いです。