未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

制作進行には運転免許が必要

アニメーション制作進行という仕事。この仕事には何故か運転免許が必須なわけですがその理由は何なのでしょうか?

 

移動・移動・移動の制作進行

このアニメーション制作進行の仕事は運転がつきものの仕事です。

 

就職試験の際に実技試験があるところもあるくらい。

 

なんでここまで重要視するのかというと、この仕事が基本「常に動き回る仕事」だからです。

 

スタッフの送迎
絵コンテや資料の回収
演出家や作画監督、その他スタッフとの折衝

 

これらを行う為の移動に車は欠かせません。絵コンテなどの素材をつめたカット袋などの運搬のため、公共の交通機関は使えません。

 

ガソリン代は会社持ち

もちろんガソリン代は自費ということはないのでそこは安心してください。(少なくとも自分の知っている範囲では)

 

ただでさえ給料低めなのに、移動に次ぐ移動でガソリン代は半端ないですからね。

 

まあでもこの仕事の給料は固定給なだけ、歩合制のアニメーターよりは安定しています。雇用形態もフリーランスではなく正社員か契約社員ですしね。

 

だからこの職種から出世する人は結構いますよ。演出家、監督、制作会社の社長などなど、長く続けていれば全然あり得ることです。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

仕事内容
アニメーターの仕事内容について解説していきます。アニメーターはアニメに登場するキャラクターの動きを作ったり、背景を制作する人のことです。
アニメーターの一日のスケジュール
アニメーターの一日の仕事の流れを解説していきます。 アニメーション制作会社に勤務するアニメーターの場合は午前中から出社しますが、フリーランスの場合その限りではありません。
職種
アニメーターの職種について解説していきます。 アニメの作画は原画マンと動画マンと呼ばれる二つの役職のアニメーターが連携して制作していきます。
やりがいと苦労
アニメートというのは「命を吹き込む」という意味合いがあるのをご存じでしょうか。 自分が描いた絵が映像となって生きているかのようにモニター上で動き出す。 これは他の職業ではなかなか体験できない感動です。
アニメーション制作進行の仕事内容/制作工程の中継ぎ
アニメ制作における重要な職種である「アニメーション制作進行」の仕事内容を紹介しています。