未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーターの職種

アニメーターの職種について解説していきます。アニメの作画は原画マンと動画マンと呼ばれる二つの役職のアニメーターが連携して制作していきます。

 

原画マン

原画マンはアニメの動きの基点を作ります。
まあ道しるべみたいなものですね。

 

動画マン

動画マンは原画マンが書いた原画と原画の間の絵を描き動きをつくります。

 

作画監督

作画の統一を目的に設けられている役職です。
アニメーターにはカットごとに任されている為、同じキャラクターでも、違うアニメーターが書けばどうしても絵柄がばらついてしまいます。
それを手直しして絵柄を統一していくのが作画監督の仕事です。

 

テレビに流れるような大規模なアニメーションプロジェクトの場合下手なクオリティのものは流せません。

 

動画と作画を一人に任せることもできなくはないですが、あまり効率が良くないのです。

 

もちろん両方こなしている人もいますけどね。

 

作画監督の仕事は、作画の統一ですが、原画マンも動画マンも絵コンテやキャラクター設定資料を参考に極力絵柄がばらつかないよう努力はしています。
また時間に追われている時は作画監督も原画を描きます。

 

前へ:アニメーターの一日
次へ:アニメーターのやりがいと苦労

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

仕事内容
アニメーターの仕事内容について解説していきます。アニメーターはアニメに登場するキャラクターの動きを作ったり、背景を制作する人のことです。
アニメーターの一日のスケジュール
アニメーターの一日の仕事の流れを解説していきます。 アニメーション制作会社に勤務するアニメーターの場合は午前中から出社しますが、フリーランスの場合その限りではありません。
やりがいと苦労
アニメートというのは「命を吹き込む」という意味合いがあるのをご存じでしょうか。 自分が描いた絵が映像となって生きているかのようにモニター上で動き出す。 これは他の職業ではなかなか体験できない感動です。
アニメーション制作進行の仕事内容/制作工程の中継ぎ
アニメ制作における重要な職種である「アニメーション制作進行」の仕事内容を紹介しています。
制作進行には運転免許が必要
未経験からアニメーターになる方法をまだ経験の浅い私ですがアドバイスさせていただいています。この仕事のやりがい・苦労することなど業界の内情も私の知っている範囲でお伝えできれば幸いです。