未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーター必須スキル クリンナップのコツ

クリンナップの練習はアニメーターになる為には絶対にやっておかねばならないことです。コツや練習方法について解説しています。

 

クリンナップとは?

まずクリンナップというのはトレース台に絵を置いて、それを透かして上から線をなぞる作業のことです。

 

原画マンが描いた原画を綺麗にすばやく描くことが求められます。新人のアニメーターが任される仕事の一つですね。

 

難しい?

まあ慣れない頃は線の太さもコントロールできないし、ヘナヘナになるしで中々うまくいかないと思います。

 

言ってしまえば慣れなのですが、最初のうちは正確にやろうとしない方がいいです。

 

まずはスピードと線の安定感を求め、徐々に正確さを身につけていく方が上達は早いですよ。

 

とにかく量をこなせるようになることが大事だと思います。顔以外のパーツは、原画でもそこまで精密さを求められません。

 

用具について

線の太さを安定させる為にも鉛筆については、頻繁に削った方がいいでしょう。

 

またもし動画用紙以外(コピー用紙など)で練習している場合は、しばらくそのまま練習してみて上達したと感じたら動画用紙での練習に切り替えてみてください。

 

動画用紙はとても滑らかに描けるようになっているので、描きやすさに感動すると思いますよ。

 

前へ:速筆なアニメーターになるには
次へ:アニメーター必須スキル デッサンの練習方法

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターになるのに画力はどの程度必要?
さてアニメーターにとって画力は必要不可欠なものです。ですがどの程度の画力が最低限の条件なのでしょうか?
アニメーターの向き・不向き・適正について考えてみる
アニメーターにも向き不向きがあります。アニメーターに向いている人、向いていない人の特徴をまとめてみました。
絵のスランプから脱出する方法
絵を描き続けていると、以前のように描けなくなるスランプ状態に陥ることがあります。今回はそのような現象の脱出法について解説していきます。
画力の上達速度を上げるには
アニメーターにとって画力というのはあって当然なものです。まずその当然のラインにいくまでが大変なんですよね。今回は画力の上達速度を上げる方法について解説しています。
速筆なアニメーターになるには
アニメーターに筆の速さというのは必要不可欠です。どうすればスピーディに丁寧に描けるようになるのでしょうか?
デッサンの練習方法
アニメーターのポートフォリオにはデッサンやクロッキーを入れましょう。10分程度で描いた落書きみたいなもので評価されます。
ドローイングの練習方法
ドローイングはアニメーターになるためには必要な練習です。そのやり方やコツ、種類について解説しています。