未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーター必須スキル ドローイングの練習方法

ドローイングはアニメーターになるためには必要な練習です。そのやり方やコツ、種類について解説しています。

 

30秒ドローイング

イラストレーターやアニメーターの為に開発されたアプリで30秒ごとにランダムに切り替わる画像を模写していきます。描画スピードを訓練するにはうってつけです。

 

まあこの表示時間というのは別に変更できるようなので、30秒が無理なようならもう少し長めにしてみましょう。

 

無料かつ能率的で気軽に取り組むことができます。

 

ネガティブ・スペース・ドローイング

30秒ドローイングとは併用してやると効果的な練習方法です。ポーズ集や背景といったモデルの輪郭をできるだけ丁寧にゆっくり描画していく画力訓練法です。

 

右脳活性化に効果的で、形状を正確にとらえる力を養います。

 

従来のデッサンも良い練習になりますが、ネガティブ・スペース・ドローイングのようにアウトラインを捉えて模写する方法も大変効果的です。

 

この両方を毎日根気よく続けるようにしましょう。

 

1ヶ月後には効果が実感できるようになり、3カ月くらいたつと、見違えたように画力の向上が実感できると思います。

 

何事も極めるとなれば継続が大事ですよ。

 

前へ:アニメーター必須スキル デッサンの練習方法

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターになるのに画力はどの程度必要?
さてアニメーターにとって画力は必要不可欠なものです。ですがどの程度の画力が最低限の条件なのでしょうか?
アニメーターの向き・不向き・適正について考えてみる
アニメーターにも向き不向きがあります。アニメーターに向いている人、向いていない人の特徴をまとめてみました。
絵のスランプから脱出する方法
絵を描き続けていると、以前のように描けなくなるスランプ状態に陥ることがあります。今回はそのような現象の脱出法について解説していきます。
画力の上達速度を上げるには
アニメーターにとって画力というのはあって当然なものです。まずその当然のラインにいくまでが大変なんですよね。今回は画力の上達速度を上げる方法について解説しています。
速筆なアニメーターになるには
アニメーターに筆の速さというのは必要不可欠です。どうすればスピーディに丁寧に描けるようになるのでしょうか?
クリンナップのコツ
クリンナップの練習はアニメーターになる為には絶対にやっておかねばならないことです。コツや練習方法について解説しています。
デッサンの練習方法
アニメーターのポートフォリオにはデッサンやクロッキーを入れましょう。10分程度で描いた落書きみたいなもので評価されます。