未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

絵のスランプから脱出する方法

絵を描き続けていると、以前のように描けなくなるスランプ状態に陥ることがあります。今回はそのような現象の脱出法について解説していきます。

 

スランプの原因

スランプの原因は色々あげられますが、最も多いのが「飽き」からくる無意識の拒否反応です。

 

これは周期的にやってくるので殆どの人が経験することですが、ようはマンネリ化のことです。

 

絵を描くと言う行為が「作業」と化してしまって、創造力が鈍り絵のイメージが湧かなくなってしまうのです。

 

この状況に陥ったら中々抜け出せません。意識が「絵を描くことを楽しむ」という本来の目的から外れてしまっているので描きまくれば良いと言うわけでもないのです。

 

スランプからの脱出

上記の様なスランプ状態を脱するためには、あくまで私の考えですが一度描くのをやめてみることをおすすめします。

 

映画を見るなり、音楽を聞くなりどこか景色の良い場所に出かけるなどしてしばらく絵以外のものに没頭します。

 

色々な創造性あふれるものを見ているとインスピレーションが刺激され、「描きたい」という気持ちが戻ってくると思います。その気持ちが戻ってきたらまた描きまくるのです。

 

好きなものを描こう

とりあえずスランプだと思って絵を描くのがつらいと感じはじめたら、好きなものを描きましょう。

 

なんでもいいです。アニメ絵でも漫画絵でもリアルデッサンでも。

 

とにかく1枚の作品を「背景も含めて」フィニッシュさせてください。

 

前へ:アニメーターの向き・不向き・適正について考えてみる
次へ:画力の上達速度を上げるには

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターになるのに画力はどの程度必要?
さてアニメーターにとって画力は必要不可欠なものです。ですがどの程度の画力が最低限の条件なのでしょうか?
アニメーターの向き・不向き・適正について考えてみる
アニメーターにも向き不向きがあります。アニメーターに向いている人、向いていない人の特徴をまとめてみました。
画力の上達速度を上げるには
アニメーターにとって画力というのはあって当然なものです。まずその当然のラインにいくまでが大変なんですよね。今回は画力の上達速度を上げる方法について解説しています。
速筆なアニメーターになるには
アニメーターに筆の速さというのは必要不可欠です。どうすればスピーディに丁寧に描けるようになるのでしょうか?
クリンナップのコツ
クリンナップの練習はアニメーターになる為には絶対にやっておかねばならないことです。コツや練習方法について解説しています。
デッサンの練習方法
アニメーターのポートフォリオにはデッサンやクロッキーを入れましょう。10分程度で描いた落書きみたいなもので評価されます。
ドローイングの練習方法
ドローイングはアニメーターになるためには必要な練習です。そのやり方やコツ、種類について解説しています。