アニメ業界職種一覧

アニメ業界職種一覧

アニメーター以外でもアニメ制作に関われる職業はたくさんあります。アニメ業界における職種の一覧と詳細です。

アニメ監督になるには

アニメ監督の仕事内容について解説していきます。アニメにおける監督の役割アニメにおける監督というのは演出と同じような意味合いです。1コンテ打ち監督と演出家が話し合い、アイディアをだしたり、方向性をきめた上で絵コンテを作っていきます。これを『コンテ打ち』と言います。2演打ちコンテ打ちが終わったら次は演打...

≫続きを読む

 

CGクリエイターになるには

アニメ制作で今や必要不可欠なCG。そのCGをつくるスペシャリストの仕事内容を紹介しています。CGクリエイターCGクリエイターというのはアニメやゲーム、映画においてCG部分を担当する専門家の呼称です。映像の中に登場する様々なものをCGで表現します。とくにアニメでもその需要は増えており、全編フルCGのア...

≫続きを読む

 

CGアニメーターになるには

CGアニメーターの仕事内容について解説しています。近年のCGの台頭近年アニメに置いてCGが多用されるようになりました。効率面でもクオリティ面でもCGの重要性というのが確立されてきているのですね。最近のアニメをみていてCGが使われていないアニメなんてサザエさんくらいなんじゃないですかね。建物、キャラク...

≫続きを読む

 

アニメ演出家になるには?仕事内容は

アニメにおける演出家の役割や仕事内容について解説しています。アニメの演出の仕事がしたいと思っている人は参考にしてください。演出の仕事演出の具体的な仕事内容を以下に書いていきます。脚本を絵コンテに各話ごとの演出は担当の話の脚本を絵コンテに起こす作業から始めます。ここでキャラクターの魅せ方やシチュエーシ...

≫続きを読む

 

アニメの音響監督になるには

アニメにおいて音声というのは作品の世界観を決定付けるとても大切な要素です。今回はそんな重要要素の監督をする音響監督の仕事内容について解説しています。どんな仕事?アニメにおける音響監督というのは、アフレコ、効果音やBGMなどの音声関連の監督をする仕事です。音響監督は監督や演出家が兼任することもあります...

≫続きを読む

 

アニメ脚本家になるには

アニメ制作において重要な役割である絵コンテの元となるのは脚本。その脚本を監督やプロデューサーの意向に沿って執筆するのが脚本家の仕事です。今回は脚本家という職業について詳しく解説していきたいと思います。どんな仕事?脚本家はアニメにおけるストーリー作りを担当します。映像化において必要な登場人物の心理描写...

≫続きを読む

 

アニメプロデューサーになるには

今回はアニメ業界におけるプロデューサーの役割についての解説です。どんな仕事?アニメの企画や宣伝、営業、予告編の監修などを担当するのがプロデューサーです。作品を売り出す為のあらゆる仕事を取り締まる商業面の監督といってもいいかもしれません。この役職で有名な人といえばスタジオジブリの鈴木敏夫さんがいますよ...

≫続きを読む

 

アニメの撮影監督になるには

アニメに置いてこの撮影工程がなければ、そもそもアニメが映像になって私たちの家庭に届くことはありません。その大事な工程を管轄する役割である撮影監督の仕事内容をまとめました。どんな仕事?回ってきた動画や背景を映像にする作業工程を撮影と言います。そして撮影監督というのはその作業工程を管轄する役目です。アニ...

≫続きを読む

 

アニメのシリーズ構成になるには

アニメが好きで良く見る人ならオープニングやエンディングクレジットで「シリーズ構成」という記載を見たことがある人は多いと思います。今回はそのシリーズ構成の役割についてお話していきます。どんな仕事?シリーズ構成とは脚本家が担う役割のことです。通常アニメシリーズというのは一人の脚本家がすべての話の脚本を書...

≫続きを読む

 

アニメーターと漫画家を比較してみた

アニメーターと漫画家という職業はどちらも絵を描くことを生業としているためこの両方の職業に興味を持つ人は多いように思えます。アニメ―ターと漫画家の比較確かにアニメーターも漫画家も画力が求められる点では同じです。ですが求められる能力として漫画家に求められるそれは少し違ってきます。漫画家の絵で大事なのは画...

≫続きを読む

 

アニメーション制作進行に転職したい!

アニメーション制作進行という仕事は基本的に誰でもできる仕事です。特別な知識も、スキルもいらなくて、アニメ制作に関われるならやってみようかな・・・と転職を考える人の声は結構聞きますね。転職は難しくないアニメーション制作進行というのは、本当に出入りの激しい仕事です。人が入っては辞めていきます。だからよほ...

≫続きを読む