アニメ演出家になるには?仕事内容は

<スポンサーリンク>

アニメ演出家になるには?仕事内容は?

アニメにおける演出家の役割や仕事内容について解説しています。アニメの演出の仕事がしたいと思っている人は参考にしてください。

 

演出の仕事

演出の具体的な仕事内容を以下に書いていきます。

 

脚本を絵コンテに

各話ごとの演出は担当の話の脚本を絵コンテに起こす作業から始めます。ここでキャラクターの魅せ方やシチュエーション、ポージングにカメラアングルなどが決まってくるわけです。
ここで映像の格好よさが左右されます。まさに演出の手腕が問われる工程といえるでしょう。

 

作打ち

作画打ち合わせ、略して作打ちです。これはあがった絵コンテを元にどのように描いてもらうか具体的な構想を原画マンに伝える工程です。

 

カットごとの登場人物の感情や思い、行動理由などの表現をより具体的にしてもらうよう原画マンに絵コンテの意図を伝えます。

 

チェック・修正

そうして原画マンが描いた作画をチェックします。意図するところと違った解釈の表現がされていたりした場合、原画マンまたは作画監督に修正依頼を出します。
演出が直接手直しする場合もありますね。

 

その他スタッフとの打ち合わせ

アニメーターとの打ち合わせ以外にも美術や撮影、色彩のスタッフと打ち合わせし、どのような画作りをしたいのか意図を伝えます。

 

編集

動画や背景などがあがったら次は編集です。作画をフィルムにするのですがこの時に放映分の枠に合うようにフィルムを切ったり、逆に引き延ばしたりします。

 

具体的にどこを切って、どのように引き延ばすかというのは演出が指示するわけです。

 

アフレコ・ダビング

映像が出来上がったら意図したとおりの演技になっているか声優の演技指導やチェックを行います。

 

収録が終われば、BGMや効果音を付け足すダビング作業です。音響監督などと話し合って仕上げていきます。

 

まあこんな感じで、まあ要するにアニメ制作のほぼ全ての工程に関わっていくのが演出の仕事です。

 

脚本を活かすもころすも演出の腕しだい。とても責任を感じる仕事ですが、最もアニメを作っていく感覚を味わえるのがこの仕事だと思います。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

監督
アニメ監督の仕事内容について解説していきます。
CGクリエイター
未経験からアニメーターになる方法をまだ経験の浅い私ですがアドバイスさせていただいています。この仕事のやりがい・苦労することなど業界の内情も私の知っている範囲でお伝えできれば幸いです。
CGアニメーター
CGアニメーターの仕事内容について解説しています。
音響監督
アニメにおいて音声というのは作品の世界観を決定付けるとても大切な要素です。今回はそんな重要要素の監督をする音響監督の仕事内容やなる方法について解説しています。
脚本家
アニメ制作において重要な役割である絵コンテの元となるのは脚本。その脚本を監督やプロデューサーの意向に沿って執筆するのが脚本家の仕事です。今回は脚本家という職業について詳しく解説していきたいと思います。
プロデューサー
今回はアニメ業界におけるプロデューサーの役割にやなる方法ついての解説です。
撮影監督
アニメに置いてこの撮影工程がなければ、そもそもアニメが映像になって私たちの家庭に届くことはありません。その大事な工程を管轄する役割である撮影監督の仕事内容やなる方法をまとめました。
シリーズ構成
アニメが好きで良く見る人ならオープニングやエンディングクレジットで「シリーズ構成」という記載を見たことがある人は多いと思います。今回はそのシリーズ構成の役割についてお話していきます。
アニメーターと漫画家を比較してみた
アニメーターと漫画家という職業はどちらも絵を描くことを生業としているためこの両方の職業に興味を持つ人は多いように思えます。
アニメーション制作進行に転職したい!
アニメーション制作進行という仕事は基本的に誰でもできる仕事です。特別な知識も、スキルもいらなくて、アニメ制作に関われるならやってみようかな・・・と転職を考える人の声は結構聞きますね。