未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメプロデューサーの仕事

今回はアニメ業界におけるプロデューサーの役割についての解説です。

 

どんな仕事?

アニメの企画や宣伝、営業、予告編の監修などを担当するのがプロデューサーです。作品を売り出す為のあらゆる仕事を取り締まる商業面の監督といってもいいかもしれません。
この役職で有名な人といえばスタジオジブリの鈴木敏夫さんがいますよね。

 

プロジェクトのリーダーなので当然責任も大きくなり、人を動かす事と人に頭を下げることを一番多くこなさなければならない大変な役割です。

 

放送できないなんてことになったら一大事で、そんな時に真っ先に責任を問われるのはプロデューサーです。

 

プロデューサーになるには

基本的にアニメーション制作進行から入ってこのプロデューサーになる人が多いです。

 

制作進行の仕事はアニメーターや撮影スタッフ、美術担当などの実際に制作をする人達と違って専門的なスキルがほとんど求められません

 

作画の回収や書類を届ける為に運転免許が必要なくらいです。

 

制作進行として経験を積めば制作デスクに。制作デスクからラインプロデューサーに。そしてチーフプロデューサーへと昇格していきます。

 

この仕事で昇り詰めるにはやる気と根性。それから頭の回転の速さなどが重要になってきます。

 

勤務場所

勤務場所としてはアニメの制作会社、レコード会社やテレビ局、広告代理店など幅広いです。

 

収入は増えますが、プレッシャーも一介のアニメーターやデザイナーとは比べずっと重いです。

 

半端な覚悟では続けられないので、アニメ業界において何か確固たる目的がある人が向いているといえるでしょう。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

監督
アニメ監督の仕事内容について解説していきます。
CGクリエイター
未経験からアニメーターになる方法をまだ経験の浅い私ですがアドバイスさせていただいています。この仕事のやりがい・苦労することなど業界の内情も私の知っている範囲でお伝えできれば幸いです。
CGアニメーター
CGアニメーターの仕事内容について解説しています。
アニメ演出家
アニメにおける演出家の役割やなる方法について解説しています。
音響監督
アニメにおいて音声というのは作品の世界観を決定付けるとても大切な要素です。今回はそんな重要要素の監督をする音響監督の仕事内容やなる方法について解説しています。
脚本家
アニメ制作において重要な役割である絵コンテの元となるのは脚本。その脚本を監督やプロデューサーの意向に沿って執筆するのが脚本家の仕事です。今回は脚本家という職業について詳しく解説していきたいと思います。
撮影監督
アニメに置いてこの撮影工程がなければ、そもそもアニメが映像になって私たちの家庭に届くことはありません。その大事な工程を管轄する役割である撮影監督の仕事内容やなる方法をまとめました。
シリーズ構成
アニメが好きで良く見る人ならオープニングやエンディングクレジットで「シリーズ構成」という記載を見たことがある人は多いと思います。今回はそのシリーズ構成の役割についてお話していきます。
アニメーターと漫画家を比較してみた
アニメーターと漫画家という職業はどちらも絵を描くことを生業としているためこの両方の職業に興味を持つ人は多いように思えます。
アニメーション制作進行に転職したい!
アニメーション制作進行という仕事は基本的に誰でもできる仕事です。特別な知識も、スキルもいらなくて、アニメ制作に関われるならやってみようかな・・・と転職を考える人の声は結構聞きますね。