未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

原画マンになるには

アニメーション制作における原画師の役割について解説していきます。

 

原画マン、原画師、原画担当

アニメーション制作は様々な工程に分業されています。そのうち「アニメーションにおける動きの基点をつくる役割」を担うのが原画マンの仕事です。
この役割は他の呼称では原画師や原画担当といったものがあります。

 

原画だけでは、動きに繋がりがないカクカクアニメの状態です。

 

動きの要所要所をつなげて滑らかにアニメーションさせているようにみせるのは動画マンの仕事です。

 

原画と原画の間を補完する何枚もの作画を担当します。

 

原画マンの仕事詳細

原画マンの仕事はまずレイアウトを決めるところから始まります。

 

画面の構成を考えて背景やキャラクターを配置するところから始めます。

 

まあこの作業すら分業されていてレイアウトはレイアウト担当の人がやる場合もあります。

 

動画マンへの指示

原画マンは動画マン具体的な指示をすうる役割も持ちます。

 

動画の枚数、動作、注意点、要望などを動画マンに伝えて原画を渡します。

 

まあここで動画マンがオリジナルの要素を新たに加えて何かをするということは普通ありません。

 

原画マンになるには?

基本的に動画マンから始めて、2,3年程度経験を積めば原画マンに格上げされます。
まあこれも人によりけりで遅い人は5年とかかかりますね。早い人は1年という人も。結局は実力しだいってことです。

 

前へ:アニメーターの年齢/何歳までならなれますか?
次へ:アニメーション制作進行に転職したい!

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターになるための進路
アニメーターになるためにはどのような進路に進むのが適切なのでしょうか?
アニメーターに転職するには
アニメーターに転職したいです。どうすればアニメーターになれるでしょうか?
大学か専門どちらのが有利?
アニメーターになるのに大学か専門どちらが良いのか迷っている人が多いようなので、私なりにアドバイスさせていただきます。
就職先
アニメーターの就職先としてはアニメ制作会社がまず挙げられるでしょう。ですがアニメ制作会社にも大手と中小があります。
未経験からでもなれる?
未経験からアニメーターになれるのか?という疑問を持っている方が多いようなのでお応えしておきます。
アニメーターの年齢/何歳までならなれますか?
アニメーターという職業に年齢制限はありますか?ということをよく聞かれますのでお答えしておきます。
作画監督
今回はアニメにおける作画監督の仕事内容やなる方法について解説しています。
学生時代やっておくべきこと
アニメーターになるための準備は決意が固いならば準備は早めにしておいたほうが良いに越したことはありません。今回はアニメーターになるために学生時代やっておくべきことについてお話しています。
ポートフォリオに入れるべきなのは?
パース、デッサン、クロッキー・・・色々アピール方法はありますがアニメーターのポートフォリオには特に何を入れたらいいのでしょうか?