未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーターになるための進路

アニメーターになるためにはどのような進路に進むのが適切なのでしょうか?

 

選択肢1 大学

大学に行く場合は普通大学よりも美大や芸大にいくことをおすすめします。アニメーターに必要な空間把握能力はデッサンなどを通して磨かれます。

 

それに大学によってはアニメーション学科があるところもあるので、出来ればそういった大学に入れることが望ましいですね。

 

美大は美大予備校に通って試験対策をするのが一般的です。お金もかかるので在る程度経済力も必要になります。

 

選択肢2 専門学校

専門学校に行くと言う人が一番多いですね。

 

アニメ業界との繋がりが深いのが専門の特徴なのでCGや演出、撮影やキャラデザなど様々な分野に特化した学科がおかれています。

 

大体2年制の学校がほとんどなので詰め込み型の教育で濃いカリキュラムが用意されています。

 

大学ほど学費はかかりませんが、それでも250万くらいはかかるかと思います。

 

専門か大学どちらのほうが有利?

大学か専門どちらがいいのか?ということを疑問に思う人がよくいるようですが、早めに業界に入りたいならば専門で真面目に勉強してさっさとスキルを身につけて、さっさとアニメーターになるのが一番でしょう。

 

基本が学べている人なら、アニメ業界も人手不足なのでぜひ来てほしいはずです。

 

ただ他にも色々就職の選択肢を考えているならば大学のほうが就職口は広くなると思います。

 

大卒以上しか受け入れない企業も少なくないですしね。

 

次へ:アニメーターに転職するには

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターに転職するには
アニメーターに転職したいです。どうすればアニメーターになれるでしょうか?
大学か専門どちらのが有利?
アニメーターになるのに大学か専門どちらが良いのか迷っている人が多いようなので、私なりにアドバイスさせていただきます。
就職先
アニメーターの就職先としてはアニメ制作会社がまず挙げられるでしょう。ですがアニメ制作会社にも大手と中小があります。
未経験からでもなれる?
未経験からアニメーターになれるのか?という疑問を持っている方が多いようなのでお応えしておきます。
アニメーターの年齢/何歳までならなれますか?
アニメーターという職業に年齢制限はありますか?ということをよく聞かれますのでお答えしておきます。
原画マンになるには
アニメーション制作における原画師の役割や、なる方法について解説していきます。
作画監督
今回はアニメにおける作画監督の仕事内容やなる方法について解説しています。
学生時代やっておくべきこと
アニメーターになるための準備は決意が固いならば準備は早めにしておいたほうが良いに越したことはありません。今回はアニメーターになるために学生時代やっておくべきことについてお話しています。
ポートフォリオに入れるべきなのは?
パース、デッサン、クロッキー・・・色々アピール方法はありますがアニメーターのポートフォリオには特に何を入れたらいいのでしょうか?