未経験からアニメーターになるには/作画のプロはこうして生まれる

<スポンサーリンク>

アニメーターになるのには大学か専門どちらのが有利?

アニメーターになるのに大学か専門どちらが良いのか迷っている人が多いようなので、私なりにアドバイスさせていただきます。

 

専門学校のメリット

まず専門学校というのはアニメ業界との繋がりが強く、カリキュラムもアニメのプロを育てる為のものになったいるため確実に技術はつきます。

 

アニメーター科、CGクリエイター科、キャラクターデザイン科などアニメ業界にフォーカスした学科が設置されています。

 

2年という短い時間ですが、真面目に講義を受けて、課題以上に自分でも勉強をするように心がけていたら最速でアニメーターになることが可能です。

 

この業界は若いうちに入った方が有利です。

 

大学にいくメリット

大学に行く場合は4年という長い期間を実務経験なしで過ごすというのがアニメーターを目指すなら少しリスキーな気はします。

 

専門と違ってアニメーターを育てることを意識した大学は今のところありません。

 

美大のようにアニメーターになるのに役に立つ大学はありますが、4年は長いと思います。

 

この業界は若いうちに実務で、さっさと早く描けるようになった方が、収入面では有利ですからね。

 

ただ大学の場合はアニメ業界以外にも色々な道が開けるというメリットがあります。

 

大卒を必須条件としている企業も多いですからね。色々な可能性を模索したいというのなら大学に行った方がいいでしょう。

 

アニメーターの勉強は用具さえそろえれば独学でも可能です。

 

前へ:アニメーターに転職するには
次へ:アニメーターの就職先

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

アニメーターになるための進路
アニメーターになるためにはどのような進路に進むのが適切なのでしょうか?
アニメーターに転職するには
アニメーターに転職したいです。どうすればアニメーターになれるでしょうか?
就職先
アニメーターの就職先としてはアニメ制作会社がまず挙げられるでしょう。ですがアニメ制作会社にも大手と中小があります。
未経験からでもなれる?
未経験からアニメーターになれるのか?という疑問を持っている方が多いようなのでお応えしておきます。
アニメーターの年齢/何歳までならなれますか?
アニメーターという職業に年齢制限はありますか?ということをよく聞かれますのでお答えしておきます。
原画マンになるには
アニメーション制作における原画師の役割や、なる方法について解説していきます。
作画監督
今回はアニメにおける作画監督の仕事内容やなる方法について解説しています。
学生時代やっておくべきこと
アニメーターになるための準備は決意が固いならば準備は早めにしておいたほうが良いに越したことはありません。今回はアニメーターになるために学生時代やっておくべきことについてお話しています。
ポートフォリオに入れるべきなのは?
パース、デッサン、クロッキー・・・色々アピール方法はありますがアニメーターのポートフォリオには特に何を入れたらいいのでしょうか?